CEHP Diary

カテゴリ : 商品物語

CEHPが取り扱う商品には、さまざまな誕生秘話やたくさんの人たちの想いが詰まっています。
~商品物語~では、商品のその裏にある物語をお伝えしていきます。

~商品物語~ メリーズ アフリカンイヤリング その7」では、
完成したアフリカンイヤリングのパッケージについてお伝えしました。

イラストを用いたパッケージのカラー印刷から色塗りへと、
見栄えとコストのバランスを考え模索し、一度は決まったパッケージ。
しかし、より良いパッケージに対するメリーズとCEHPのあくなき挑戦は続きます。

ひとつひとつ、大切に手作りされていることを伝えたい。

ということで、背景となるタグに製作工程の一部を切り取った写真を用いることにしました。
そして完成したのがこちら。
アフリカンイヤリング新タグ
写真を用いることで、コスト高となってしまうカラー印刷へと再び戻りましたが、
やはり、作り手さんたちの息吹を一番伝えられるのは写真です。
これまでひとつひとつ手縫いして作っていたレッドリボンをなくすことで、
その他のコストや手間を抑えバランスを取ることができました。

そして更に工夫が。
タグのひとつひとつに、作り手さんのサインを入れてもらうことにしました。

サインの手前に書いているのは…
"I made it with responsibility…"  「私が責任をもって作りました」

※一部、"responsibility”が"responsibiliry”と印刷されたタグが出回ってしまいました。
「責任」という大事な言葉に、誤りがあったということ。
そのタグの商品を手にされたみなさまに、この場を借りてお詫び申し上げます。


メリーズメンバーは自分のサインが残ることが、嬉しいやらはずかしいやらで、
わいわいがやがやと、練習用のタグにサインの練習をしました。
小さすぎたり大きすぎたり、隅っこに偏り過ぎたり、となかなかうまく行きませんでしたが、
なんとかかたちになってきたところで、いざ本番のタグへの記入。

タグにサインをするということ、つまりその商品に責任を持つということは
彼女たちにとって、とても身が引き締まる瞬間です。
タグにサイン

こうして再び完成を向かえたパッケージでしたが、工夫はまだまだ続きます。

タグに使用する写真は、最初は2種類ありました。

ひとつ目は、ビジュアルや色合い重視で選ばれた、全てのパーツをつなぎ合わせる最後の工程の写真でした。
このタグは、アフリカンイヤリングらしいとても色鮮やかなもので、商品に華やかさを添えてくれるものでした。
アフリカンイヤリングタグ1

しかし、アフリカンイヤリングを作製するにあたって
作り手さんたちがもっともエネルギーを注ぐのは「バスケット編みのパーツ」。

CEHPメンバーの私たちが、初めてこのパーツの作る工程を見せてもらったときの
あの感動を伝えたい。


ということで、「バスケット編みパーツ」の製作工程の写真を使ったものが新たに加わりました。
アフリカンイヤリングタグ2
製作風景画よく伝わる写真でしたが、色味が全体的に茶系で「バスケット編みパーツ」が沈んでしまい、
これでは製作工程がちょっと分かりにくいです。

そこで最新バージョンでは、工程が分かりやすく、同時にタグがパッケージの背景となったときに
アフリカンイヤリングそのものがが映える、シンプルなものへと変更しました。
アフリカンイヤリングタグ3
明日はメリーズ訪問日ですが、この最新のタグを身にまとった
アフリカンイヤリングが完成予定です。

これからも、CEHPの取り扱う商品がより魅力的な商品へと、
そして手にとっていただいた方々にもっと喜んでいただけるようにと、
CEHPはCEHPパートナーCEHPフレンドと共に、アイディアを出し合い、工夫を重ねていきます。
時には大胆に、時には繊細に。

耳元でゆらゆらと揺れる小さなイヤリングひとつに、
こんな物語があったんだと、思いを馳せていただけたなら嬉しいです。

「~商品物語~ メリーズ アフリカンイヤリング」
                                   完

(文責:野村友子)

CEHPが取り扱う商品には、さまざまな誕生秘話やたくさんの人たちの想いが詰まっています。
~商品物語~では、商品のその裏にある物語をお伝えしていきます。

しばらく振りの「~商品物語~ メリーズ アフリカンイヤリング」。
最終回を目前に、、、完結を迎えぬまま、2ヶ月以上が経ってしまっておりました…。
続きを気にかけてくださった方がいたら、大変申し訳ございません。(><;)

~商品物語~ メリーズ アフリカンイヤリング その6」では、
商品開発の際の、色出しの重要性と工夫についてお伝えしました。

そして、いよいよ完成した「アフリカン イヤリング」!

しかし、商品そのものが完成しても、「商品開発」は終わりではありません。
お客様に手にとってもらうため、魅力的なパッケージも重要な要素です。
「かわいいこには、かわいいおべべ」を着せて旅立たさねばなりません。

「アフリカン イヤリング」の最初のパッケージは、こんな感じ。
アフリカンイヤリング 初代パッケージ
以前の隊員さんが描いてくれた、色鮮やかなエチオピアのコンソ女性のイラストが
アフリカンピアスの元気良さのイメージとぴったりで、商品を楽しく引き立ててくれました。
丁寧に縫い留められた、レッドリボンも付いています。

しかしこのパッケージにはひとつの課題が。
それは「コスト」でした。
エチオピアでは、カラー印刷は大変高コストで、CEHPでもいつも
見栄えを優先するか、コストを優先させるか、という課題が付きまわります。

コストとそれによってもたらされる効果のバランス

このバランスをどうとって、落としどころをどこにするかが重要になってきます。

このイメージを周到しつつ、なにか工夫はできないか、ということで考えたのが、「色塗り」作業でした。
カラー印刷を利用する代わりに、色鉛筆を使って色づけるするという作戦です。
これなら、タグを印刷する際のコストをぐっと抑えられます。
印刷タグと色塗りタグ
上がカラー印刷。下がメリーズメンバーが色鉛筆で色塗りをしたものです。

最初ははみだしてしまったり、全部を同じ色で塗ってしまったりと
なかなかきれいなタグが出来ませんでしたが、CEHPメンバーが付きっ切りで指導し
なんとかカラフルなタグを作ることができました。

しかし…
この作戦は、コストも抑えられ、カラフルな楽しさも表現でき味があったのですが…
手作り感満載で、味を出しすぎてしまい(^^;)、高級感が薄れてしまいました。。。

上にも書いたように、コストを抑えるだけではなく、見栄えも良くしなければなりません。
「バランス」を考える中で、このタグは引退することとなりました。

そして次に考えれたタグは…

と、今回は長くなってしまったので、続きは次回。
「~商品物語~ メリーズ アフリカンイヤリング」完結まで、もうしばらくお付き合いください。m(_ _)m

CEHPが取り扱う商品には、さまざまな誕生秘話やたくさんの人たちの想いが詰まっています。
~商品物語~では、商品のその裏にある物語をお伝えしていきます。

~商品物語~ メリーズ アフリカンイヤリング その5」では
みんなでアイデイアを出し合い、実際に手を動かしたくさんのサンプルを作ったことをお伝えしました。

かたちが決まってくると同時に、 デザインの大切な要素「色だし」も行いました。
今回、アフリカンイヤリングで決定したスタイルは2色使い。
色をどう組み合わせるかが、その魅力を最大限に引き出せるかどうかののキーポイントとなるのです。

とはいえ、絵の具のように好きな色を自由に使える訳ではありません。
素材はアクリル毛糸。エチオピアで手に入る色は限られています。
そこで、どんな色が使えるのか自分たちの利用可能なリソースを調べました。

ということで、エチオピアで一番たくさんの毛糸が集まっているところ、マルカートへ。
マルカート毛糸
マルカートの毛糸屋さん。結構たくさんの色がありますが、ビビッドな原色系が多いようです。

メンバー私物の糸の切れ端を集めたり、足らない分はマルカートで色のサンプルをもらったりして
「カラーサンプル帳」が完成しました!
カラーサンプル帳
「カラーサンプル帳」の完成によって、ミーティングでの話し合いも、具体的でよりスムーズになりました。
カラーサンプルとメンバー
真剣に「カラーサンプル帳」とにらめっこするメリーズメンバー。

やみくもに色を組み合わせてもキリがなく、生産面でも効率が良くありません。
そこでこの中から、エチオピア人に人気の色、日本人に人気の色をセレクトし、
更にその中から相性の良い色をピックアップして、ベースカラー5色、アクセントカラー5色、合計10色を選びました。
この10色内であれば、どんな組み合わせにしてもある程度のバランスが取れ
魅力的な組み合わせになるようにと考えられた色です。

その組み合わせをイメージするため、各色を組み合わせたカラーチャートの「色合わせ見本」も作りました。
色の組み合わせを検討中
「色合わせ見本」を見ながら、話し合いは進みます。

このような下準備を経て、再びサンプル製作は続けれたのです。

ところが!!
利用したかった色が既にエチオピアでは手に入らない色になってしまっていたり、
指定していない色のパーツが次々と出来上がってしまいました。。。
メリーズメンバーは、当時同時進行していた毛糸帽子の糸などをそのまま使って、
アフリカンイヤリングのパーツを作ってしまったのです。

計画通りにものごとが進まないのが、エチオピアでのものづくり。

予定外の色で既に出来上がってしまったパーツを破棄するにはもったいない。
とうことで、臨機応変に対応し、新しい色の組み合わせも生まれました。
その組み合わせは、最初はCEHPメンバーが行っていましたが、次第にリーダーのロマンさんも行うようになりました。
たくさんの色に触れることで、彼女のセンスも目に見えて日々磨かれていきました。
ロマンさん色の組み合わせ中
そんなこんなで、じっくりと練られた計画から生まれた色の組み合わせ(必然)、
思いがけず生まれた予定外の色の組み合わせ(偶然)でアフリカンイヤリングは完成を迎えたのです。
なんともエチオピアと日本のコラボ商品開発らしい展開ではありませんか!?(^0^;)

現在では、そこから更に試験販売、本販売を経て更に絞られ、定番色が決まりつつあります。
とはいえ、そのパターンは10種類以上!
バラエティーに富みながらも、生産面での効率化に取り組み中です。
定番色の打ち合わせ
定番色の打ち合わせ中~

次回は最終回、「アフリカンイヤリング」のパッケージについてのお話です。

CEHPが取り扱う商品には、さまざまな誕生秘話やたくさんの人たちの想いが詰まっています。
~商品物語~では、商品のその裏にある物語をお伝えしていきます。

~商品物語~ メリーズ アフリカンイヤリング その4」では、
小さなパーツへの取り組みから、品質向上についてのお話をさせていただきました。

「品質」と並んで、「商品」として世に送り出すために大切な要素、

そう、デザイン

どんなに品質が良くても、デザインが魅力的でないと人々の心を動かすことはできません。

メリーズメンバー個々人そしてチームワークでの努力の結果、パーツは随分とかたちになってきました。
では、どんなデザインにするか。
メリーズメンバー、CEHPメンバーは頭を悩ませ、そして手を動かしました。

まずは、オリジナルのサンプルを元に、色々な色を試してみました。
パーツの進展
色が変わると、随分と印象も変わりますね!

メリーズからは、こんなデザイン提案が。
メリーズデザイン
ポイントを付け、ビーズもカラフルに。配色もエチオピアカラーの赤・緑・黄。
メリーズメンバー、なかなか考えましたね!でも、商品化には、残念ながらちょっと遠い!?
私はオリーブにパプリカを詰めた食べ物を思い出してしまいました(^^)
オリーブ

出来上がったバスケット編みパーツとにらめっこをしながら、様々なアイディアが生まれました。
エチオピアらしいモチーフ、マスカル(十字架)と組み合わせたり、
ピアスのパーツをつなげるところをぷらぷらと揺れる仕様にしてみたり、
ビーズの数や種類を変えたサンプルも出来上がりました。
このサンプル作りは、CEHPメンバーみささんが活躍してくれました!
色々デザイン
分かりやすい写真がなくてちょっと微妙ですが、そのときのサンプルの一部がこちら。
大小二重につけるバスケット編みパーツを広げた状態になっています。

こうしてたくさんのサンプルを作って、色々な人たちの意見を聞いたり、ミーティングで協議する中で、
現在の「アフリカンイヤリング」のデザインが決定しました。
アフリカンピアスデザイン
バスケット編みパーツの魅力を最大限に活かすと同時に、シンプルでかつ色の楽しさを表現

このプロセスで大切だったことは、アイディア出しはもちろんですが、
イメージを口頭で説明したり、絵に描いたりするだけでなく、実際に実物を作る
ということ。

実物があることで、デザインはかわいいけれども実際に身に付けるとバランスが悪い、という用途面での発見があったり、
メンバー内でのイメージが共有でき、自然な流れで意見を集約して行くことができました。

いよいよデザインが決まった「アフリカンイヤリング」。

次回は、「アフリカンイヤリング」を魅力的に仕立てる重要な要素、「色」の秘密についてご紹介します。

CEHPが取り扱う商品には、さまざまな誕生秘話やたくさんの人たちの想いが詰まっています。
~商品物語~では、商品のその裏にある物語をお伝えしていきます。

~商品物語~ メリーズ アフリカンイヤリング その3」では、
アフリカンイヤリング」のパーツは、エチオピアでは生活に根付いた技術、
「バスケット編み」の手法そのものをアレンジして作られていることをご紹介しました。

ではいよいよ「サンプル」から「商品」に生まれ変わるまでの取り組みをお伝えしていきたいと思います。

「商品」として世に送り出すために大切な要素のひとつ・・・

それは品質

どんなに素敵なアイディアも、品質が伴わないと、人々に手にとって喜んでもらえる商品にはなれません。

アフリカンイヤリングのパーツは、
先にもお伝えしたように、バスケット編みをアレンジした「生活に根付いた技術」。
とはいえ、きれいに作るにはそれなりの技量が問われ、相当の訓練が必要になってきます。

商品化に向けてサンプル作りを始めたときも、編み目の出方にばらつきがあったり、
全体の形がいびつになってしまったりと、商品として売り出すには難しいものがたくさんできてしまいました。

例えばこんな感じ。

パーツ初期
きれいな円になっていないし、ところどころに芯となる素材(ほうき!)が見えてしまっています。
これでは、残念ながら売り物になりません。

そこで、巻きつける毛糸の取り数を変更したり、芯の量を調整したり、針の刺し方、回し方の工夫などを話し合い、
メンバーそれぞれも試行錯誤しながら、その腕を磨いていきました。

そして、何度も何度も同じものを作り、「次はより良いものを!」と挑戦が続きました。
パーツたくさんの挑戦
たくさん、たくさんの練習の中で“ボツ”になってしまったパーツ

そして次第に、きれいなパーツが仕上がるようになっていきました。

しかし、練習が進むにつれて次の課題が。

メリーズメンバー内で「上手な人」、「上手にできない人」という風に技術の差が広がっていきました。
このパーツに関して、ある程度の品質は“コツ”や“テクニック”を共有することで向上させることができましたが、
後は練習とセンスがものをいう領域。

上手な人のものは、商品として買い取ることができるけれども、
上手にできない人のものは、パーツを返して作り直しをお願いせざるを得ません。
せっかくがんばって作っても、引き取ってもらえないと、その作り手さんのモチベーションは下がる一方。
しかし、品質向上=良い商品を作るためには、妥協は許されません。

作り手のモチベーションを維持させながら、いかに品質を上げていくか。

それは、品質の重要性を訴え、厳しい態度を取りつつ、
上手くできたところは評価して、その「良いところ」を積み重ね、伸ばしていくこと。
密で地道なコミュニケーションの繰り返しです

これは「CEHPメンバー対メリーズメンバー」だけでなく、メリーズメンバー間でも同じこと。
上手な人は、そうでない人を、根気強くサポートしていきます。
メリーズのすごいところは、こういった人間関係、協力体制ができていること。
これは、信頼関係なくしては成立しません。

商品として「アフリカンイヤリング」が販売されるようになった今でも、
「みんながよりきれいに作れるように」と、品質向上への取り組みは常に現在進行形です。


CEHPの商品は、小さなパーツひとつひとつも、地道な努力と協力の結晶なのです。

次回「~商品物語~ メリーズ アフリカンイヤリング その4」では、
「デザイン」の秘密についてご紹介したいと思います。

このページのトップヘ