CEHPが取り扱う商品には、さまざまな誕生秘話やたくさんの人たちの想いが詰まっています。
~商品物語~では、商品のその裏にある物語をお伝えしていきます。

しばらく振りの「~商品物語~ メリーズ アフリカンイヤリング」。
最終回を目前に、、、完結を迎えぬまま、2ヶ月以上が経ってしまっておりました…。
続きを気にかけてくださった方がいたら、大変申し訳ございません。(><;)

~商品物語~ メリーズ アフリカンイヤリング その6」では、
商品開発の際の、色出しの重要性と工夫についてお伝えしました。

そして、いよいよ完成した「アフリカン イヤリング」!

しかし、商品そのものが完成しても、「商品開発」は終わりではありません。
お客様に手にとってもらうため、魅力的なパッケージも重要な要素です。
「かわいいこには、かわいいおべべ」を着せて旅立たさねばなりません。

「アフリカン イヤリング」の最初のパッケージは、こんな感じ。
アフリカンイヤリング 初代パッケージ
以前の隊員さんが描いてくれた、色鮮やかなエチオピアのコンソ女性のイラストが
アフリカンピアスの元気良さのイメージとぴったりで、商品を楽しく引き立ててくれました。
丁寧に縫い留められた、レッドリボンも付いています。

しかしこのパッケージにはひとつの課題が。
それは「コスト」でした。
エチオピアでは、カラー印刷は大変高コストで、CEHPでもいつも
見栄えを優先するか、コストを優先させるか、という課題が付きまわります。

コストとそれによってもたらされる効果のバランス

このバランスをどうとって、落としどころをどこにするかが重要になってきます。

このイメージを周到しつつ、なにか工夫はできないか、ということで考えたのが、「色塗り」作業でした。
カラー印刷を利用する代わりに、色鉛筆を使って色づけるするという作戦です。
これなら、タグを印刷する際のコストをぐっと抑えられます。
印刷タグと色塗りタグ
上がカラー印刷。下がメリーズメンバーが色鉛筆で色塗りをしたものです。

最初ははみだしてしまったり、全部を同じ色で塗ってしまったりと
なかなかきれいなタグが出来ませんでしたが、CEHPメンバーが付きっ切りで指導し
なんとかカラフルなタグを作ることができました。

しかし…
この作戦は、コストも抑えられ、カラフルな楽しさも表現でき味があったのですが…
手作り感満載で、味を出しすぎてしまい(^^;)、高級感が薄れてしまいました。。。

上にも書いたように、コストを抑えるだけではなく、見栄えも良くしなければなりません。
「バランス」を考える中で、このタグは引退することとなりました。

そして次に考えれたタグは…

と、今回は長くなってしまったので、続きは次回。
「~商品物語~ メリーズ アフリカンイヤリング」完結まで、もうしばらくお付き合いください。m(_ _)m