CEHP Diary

CEHPが取り扱う商品には、さまざまな誕生秘話やたくさんの人たちの想いが詰まっています。
~商品物語~では、商品のその裏にある物語をお伝えしていきます。

~商品物語~ メリーズ アフリカンイヤリング その3」では、
アフリカンイヤリング」のパーツは、エチオピアでは生活に根付いた技術、
「バスケット編み」の手法そのものをアレンジして作られていることをご紹介しました。

ではいよいよ「サンプル」から「商品」に生まれ変わるまでの取り組みをお伝えしていきたいと思います。

「商品」として世に送り出すために大切な要素のひとつ・・・

それは品質

どんなに素敵なアイディアも、品質が伴わないと、人々に手にとって喜んでもらえる商品にはなれません。

アフリカンイヤリングのパーツは、
先にもお伝えしたように、バスケット編みをアレンジした「生活に根付いた技術」。
とはいえ、きれいに作るにはそれなりの技量が問われ、相当の訓練が必要になってきます。

商品化に向けてサンプル作りを始めたときも、編み目の出方にばらつきがあったり、
全体の形がいびつになってしまったりと、商品として売り出すには難しいものがたくさんできてしまいました。

例えばこんな感じ。

パーツ初期
きれいな円になっていないし、ところどころに芯となる素材(ほうき!)が見えてしまっています。
これでは、残念ながら売り物になりません。

そこで、巻きつける毛糸の取り数を変更したり、芯の量を調整したり、針の刺し方、回し方の工夫などを話し合い、
メンバーそれぞれも試行錯誤しながら、その腕を磨いていきました。

そして、何度も何度も同じものを作り、「次はより良いものを!」と挑戦が続きました。
パーツたくさんの挑戦
たくさん、たくさんの練習の中で“ボツ”になってしまったパーツ

そして次第に、きれいなパーツが仕上がるようになっていきました。

しかし、練習が進むにつれて次の課題が。

メリーズメンバー内で「上手な人」、「上手にできない人」という風に技術の差が広がっていきました。
このパーツに関して、ある程度の品質は“コツ”や“テクニック”を共有することで向上させることができましたが、
後は練習とセンスがものをいう領域。

上手な人のものは、商品として買い取ることができるけれども、
上手にできない人のものは、パーツを返して作り直しをお願いせざるを得ません。
せっかくがんばって作っても、引き取ってもらえないと、その作り手さんのモチベーションは下がる一方。
しかし、品質向上=良い商品を作るためには、妥協は許されません。

作り手のモチベーションを維持させながら、いかに品質を上げていくか。

それは、品質の重要性を訴え、厳しい態度を取りつつ、
上手くできたところは評価して、その「良いところ」を積み重ね、伸ばしていくこと。
密で地道なコミュニケーションの繰り返しです

これは「CEHPメンバー対メリーズメンバー」だけでなく、メリーズメンバー間でも同じこと。
上手な人は、そうでない人を、根気強くサポートしていきます。
メリーズのすごいところは、こういった人間関係、協力体制ができていること。
これは、信頼関係なくしては成立しません。

商品として「アフリカンイヤリング」が販売されるようになった今でも、
「みんながよりきれいに作れるように」と、品質向上への取り組みは常に現在進行形です。


CEHPの商品は、小さなパーツひとつひとつも、地道な努力と協力の結晶なのです。

次回「~商品物語~ メリーズ アフリカンイヤリング その4」では、
「デザイン」の秘密についてご紹介したいと思います。

CEHPが取り扱う商品には、さまざまな誕生秘話やたくさんの人たちの想いが詰まっています。
~商品物語~では、商品のその裏にある物語をお伝えしていきます。

~商品誕生物語~ メリーズ アフリカンイヤリング その2」で、「アフリカンイヤリング」のパーツは、
エチオピアでは日常的な「バスケット」をアレンジして作られていることをご紹介しました。

ではでは、どのように作られているのか!?

百聞は一見にしかずで、まずは製作中の写真を・・・









アフリカンイヤリング製作中

アフリカンピアスパーツ
そう、芯となる素材に毛糸を巻きつけながら、編み込んでいるのです!!

初めてサンプルを見せてもらったとき、
市販の小さな「バスケットパーツ」に毛糸を刺し込んで作っていると思っていた私たちですが、
その作業を見せてもらってびっくり!
バスケットを編む要領とまったく同じ工程を踏まれて作られていたのでした。
とても地道で、手の凝った作業の連続です。

エチオピアでは、バスケット作りを生業にしている人たちだけでなく、
道端でかごを編んでいる人たちを見かけることもあり、バスケット作りの技術は日常の景色に溶け込んでいます。
そんな生活に根付いた技術を、メリーズメンバー、トゥルワークさんは利用したのでした。

しかも芯になっている素材は…
想像しながら下に進んでください!









もうちょっとじらします…(^u^)







ほうき!

なんと、ほうき

地方では簡単に手に入る素材も、
アディスのような街中では、なかなかバスケット編みのための最良な素材が手に入りません。
そこで彼女が目に付けたのが、街でも安くて簡単に手に入る「ほうき」だったのです。
その発想に脱帽です。

知れば知るほど興味深い「アフリカンイヤリング」。

次回「~商品誕生物語~ メリーズ アフリカンイヤリング その4」からは、
いよいよ「アフリカンイヤリング」が商品として完成するまでの
メリーズメンバー、CEHPメンバー、二人三脚の取り組みについてご紹介していきます!

CEHPが取り扱う商品には、さまざまな誕生秘話やたくさんの人たちの想いが詰まっています。
~商品物語~では、商品のその裏にある物語をお伝えしていきます。

~商品物語~メリーズ アフリカンイヤリング その1」で、メリーズメンバー、トゥルワークさんの提案から
アフリカンイヤリング」が産声をあげたというお話をご紹介しました。

トゥルワークさん提案イヤリング
こちらがメリーズメンバー、トゥルワークさんからの最初のサンプル

私は最初にこのサンプルを見たとき、
「なんだか馴染み深くて懐かしい!でもなんか新しい!!」
という印象を受けました。

それもそのはず、このアクセサリーのパーツは、
エチオピアで日常的に目にする「あるもの」をアレンジしたパーツだからです。
そのあるものとは…









山盛りかごかごディスプレー

そう!!
エチオピアの生活のあらゆる場面で欠かせない必需品、「バスケット」をアレンジしたものだったのです。
これが、エチオピアで暮らす者にとって、親しみを感じさせていたのでした。

かご編みアップ
バスケットの「うずうず」がアクセサリーに変身

そして、新しさの秘密は「毛糸」でそれを表現したこと。
これまで街中で、「うずうず」を小さなパーツとして売っているのを見たことがありますし、
それをアレンジしたアクセサリーを目にすることもありました。
しかし、トゥルワークさんのサンプルは毛糸製。
毛糸を使うことで、色鮮やかで楽しい商品に大変身を遂げたのでした。

ところでこのパーツ、どのように作られれているか分かりますか?

CEHPメンバーは、最初にサンプルを見せてもらったとき、
上のような草で編んだ小さなバスケットパーツに、針で糸を刺し作り込んでいるものかと思っていました。

ところが実際は…

その秘密は、次回「~商品誕生物語~ メリーズ アフリカンイヤリング その3」で!

このページのトップヘ