CEHP Diary

804269a4.jpg
5bf14625.jpg
e176bd83.jpg
11月9日(土)当地で、日本人の活動の広報を目的として「Japan Festival」が開かれました。テロ対策のセキュリティ(警察官60名動員とか)の影響か、エチオピア人来場者が少なかった(450名ほど)ですが、売り上げは、5時間ほどで昨年の約2倍ありました。
■■印象に残った一言
CEHPのブースを訪れたミドルエイジのエチオピア人男性で、コーヒーの本英語版の価格を聞いて一言「高い!」と言い残して去って行きました。イベントが終了し、商品を箱に詰め込んでいると、その男性がまたやって来て、「エチオピア人のために一生懸命動いてくれているあなたたちの本を買いたくなった。あなたたちが生産者(メリーズ)と対等なパートナーシップでいることにも(それはメリーズからも話を聴いたし、見ていても分かった)感心した。それで買いに戻ってきた」と一言。最高に元気づけられる一言でした。

■□売れ筋ベスト12
1 コーヒー豆のストラップ          189個
2 ゲイシャイヤリング             18個
3 コーヒー豆イヤリング            18個
5 まき運びショール              16枚
6 ホロホロ鳥箸置き              15個
7 アーティストレターセット&オリジナルポストカード12枚
8 アフリカンコサージュ            12個
9 ホロホロ鳥インテリア            11個
10 コーヒー豆のネックレス          10個
11 ポストカード&イヤリングセット       9個
12 ファブリックネックレス           8個
12 コーヒー豆ネックレス&イヤリングセット(写真)8個

ae4a8f02.jpg
85fc7024.jpg
こんにちは。

昨日の土曜日は、生産者パートナーのメリーズとサバハールのキャシーさんの動画撮りをしました。
サバハールのキャシーさんへのインタビューは、エチオピアで、彼女が始めた「ソーシャルビジネス」を理解するうえで、たいへん興味深い話が聴け、公開が待ち遠しい内容になっています。

メリーズ(エイズHIV陽性者グループ)には特別に土曜日に来てもらい、どんなものを作っているのか、CEHPのパートナーになってからどんな変化があったか、これからどんなことをやりたいのかなどを一人一人に語ってもらいました。メンバーのブズイエさんが、ずっと必要で欲しかった箪笥(2000ブル)が買えた話や他のメンバーが、食事が定期的に取れるようになって、自分また子どもたち病気をしなくなったという話をする一方で、同じメンバーのナビヤットさんが、現在アジスの各所で行われている道路工事で立ち退きを迫られ、路上生活をしているという話を聞きました。

そこで、メンバーと一緒にナビヤットさんのところを訪ねました。写真のような状況で、言葉も出ませんでした。家畜小屋の一角にビニールハウス、ナビヤットさんはここで2人の子どもと一緒に暮らしています。

「見えないものに心は悲しまない」英国の古い諺を思い出しました。見えないものを見る努力をすることが、国際協力のエイドワーカーの仕事なのに。ナビヤットさんの生活と共に、メリーズの今後をどのようにしていくかメンバーと一緒に考えていかなければなりません。

このページのトップヘ